スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
無題
全面的に再開することにはならない気がしますが、
書いてみました。
当たり前の事ですが、ご意見無用の小世界です。

未成年なのに喫煙していたところを父に見つかって
いきなり叩かれた。
その拍子に腰を強く打ち、
その後は血尿が止まらなくなった。




近くの大きな医療機関で調べてもらった。
腎臓に外傷を受けているのは間違いないが、
それ以外にも調べなければならないところがあると言われた。
よく判らないままに都内の某大学付属を紹介された。
奥から教授・助教授・講師・助手と書かれた診察室があり、
最初は教授に紹介され、その後は助手の医員が担当すると言われた。
表札を見て男なのか女性なのか悩んだ。
呼ばれて入ると女性の助手だった。
泌尿器科なのに女性なんだ、と付き添った父は驚いていた。
なんとなく頼りなげにも見えたが、
悪い人には見えなかった。
難しい人とか、固い人という感じはしなかった。
同性なので診察を受ける時の嫌な思いも減った。
そして何度目かの通院の際に、
腎臓の外傷以外に腎臓に癌があると知らされた。
貴女の年齢では、非常にまれだと言われた。
予想していたけれど、愕然とした。
腰を打って血尿が出たことで、
癌の早期発見になったと言われた。

結果は入院して治療を受けることになった。
入院係の人に説明を受けたが、
病棟でその医員がが担当するかどうかは、
まだ判らないといわれた。
でも外来だけでなく、
病棟でも働いていると聞いていた。

続く…。
スポンサーサイト
ヒメジョオン と ハルジオン・・・。
世の中はGWだそう。
小さな花をみかけました。




野の花を撮りました。
ひめじょおん13Apr (2)
ひめじょおん か はるじおん だと思います。
ひめじょおん13Apr
茎を折れば空洞になっているか、
あるいはそうじゃないかで区別がつきます。
ハルジオンの茎には空洞があります。
どちらも今の季節の花です。
コンクリートの隙間に咲いていました。

西洋タンポポは、もう既に種だらけのものもあります。
街にはツツジが咲き乱れています。
メモリースティックが花で一杯です。
歌舞伎座新開場こけら落と公演四月第一部 de Lunch.
歌舞伎座の四月のこけら落としの第一部を拝見しました。
御芝居の感想は別な日にアップします。
二階席からですが、良く見えました。
二階席から四月




一人で観劇しましたが、
両サイドの女性のお客様と仲良くお話できて、
うれしかったです。
懐かしの俳優さんたち
三階には今は亡き名優さんの写真が飾られていました。
このこともお客様と話しましたが、
別の日に書くかもしれません。

御芝居は三演目で、一回目の休憩は15分、
二回目は30あるいは35分だったと思います。
今までの経験から35分の休憩は食事もままならないし、
トイレは混むだろうし、お土産を買える時間はあるかなと思いました。
なので15分の幕間に、ササッと頂く事にしました。
その方がだれにも迷惑を書けないと思ったからです。
案の定、その時間帯に売店にいらしたのは5名弱でした。
コーヒーは私の注文を受けて作られたので、
出来上がりに5分かかりましたが、大人しく待ちました。
そして他のお客様の迷惑にならないよう、
並んでいる御客様を時に誘導しながら、
カウンターの端の方で待ちました。
私の観劇の日の食事の基本コンセプトの中の一つに
「誰にも迷惑をかけないように」があります。
食事してはいけない会場では頂かない事にしています。

頂いたものは銀座千疋屋のサンドヰッチ(笑)です。
銀座千疋屋のフルーツサンドイッチ (2)
千五十円でしたがお祝いの気持ちをうーんとこめて
奮発しました。
銀座千疋屋のフルーツサンドイッチ (3)
林檎が入っていました。
パンのしっとりした食感に癒されました。
銀座千疋屋のフルーツサンドイッチ
苺とメロンも生クリームがぴったりです。
メロンはひさし振りで嬉しかったです。
おいしかったです。
因みにカウンターで食事をしたのは私一人です。
五分のコーヒー待ちがあだとなったか、
最後は慌てて駆け込みました。
でも当たりまですが、遅刻しませんでした。
コーヒーは飲みきれず、
次の幕間で飲みましたが、
二階ロビーの椅子はテーブルがある所も無いところも、
沢山のお客様で賑々しくあふれていて心が熱くなりました。
幕間終了10分前には余裕ができていました。

観劇中は携帯電話は電源offですし、
咳払い・咳などの無用な音は一切出しませんでした。

トイレは快適で、幕間もさして並びませんでした。
改良されてうれしかったです。
ウォシュレットも付いていました。

お客様の動線にも気が配られてある気がしました。
お客様同士がぶつかったりする光景も、
見かけませんでした。

お土産もゆったりと買う事ができて、
世間に不義理をしないで済みました。

明日の日記はお休みする予定です。
言葉足らずの部分は、後で補うかもしれません。

御芝居は素晴らしかったです。
卯月
卯月の旅は讃岐でした。
13琴平駅の前の鬼
琴平の皆様の情に触れました。
ありがとうございました。




徳島は糖尿病や高血圧性疾患の有病率の高い県として知られています。
一時期は糖尿病有病率No.1を連続していましたが、
最近は島根や青森の方が高くなっています。
行政や医師が懸命の啓蒙活動をしたためで、
医療費の削減にもつながったと聞いています。

糖尿病から様々な合併症を起こして
失明したり足を失ったり透析生活に入ったり、
そんな方々と接しています。
ある日一人の患者様が他施設から送られてきました。
短期入院だったのですが、
その際の申し送りに
「認知症でコミュニケーションが全く取れない」とありました。
その他の記録は植物状態を想像させる内容でした。
そして透析室にはベッドに乗ったまま入室されました。
植物状態とはいえ「はじめまして、透析を担当する医師の野方です。
宜しくお願いします。今から透析を始めます。」
と声をかけると「はいっ、はいっ。」と声をはっきりと上げました。
看護師はびっくりしています。
病室にいる時も痛みや苦痛に際して声はあげても、
返事をするという事は無かったそうです。
おどろきました。
「お変わりありませんか」というと、
さかんに首を横に振られるので身体を調べると、
病衣の紐が絡まって腰を締め付けていました。
看護師が「あー、これだー。」と紐を外すと静かになりました。
コミュニケーションとれるじゃないって思いました。
奥様が御見舞に来ると気兼ねをして「帰れ」といいます。
「帰れ」は単語ですから、単語を発する能力は残っているのです。
そして奥様への気遣いをするという知能もあります。
奥様が身体に触れると、じっとしています。
送ってきた施設がコミュニケーションとれないと書いてきた事に
疑問を持った卯月です。
奥様はその施設の事を良く思っていませんでした。

さて卯月の旅に戻ります。
昨夜は雲の中の小さな夕陽を、
大阪で観ました。
2013卯月の大阪の夕日
小さな夕陽のような
13讃岐名物丸揚げ
讃岐名物丸天は紅生姜入りです。
紅しょうがの入った天麩羅も好きですが、
こんな練り物も美味しく思います。
13金毘羅大歌舞伎の三越のカレー
御芝居を観た時のテントの中のカレーです。
夕陽にかかる雲のようです。
色々な事を想いながら頂戴したのでした。
誰かに似ている
七歳で失明した少年が、ある日天満宮に参詣した。
しかし版木屋の前で下駄の鼻緒が切れてしまった。




店の者に紐が欲しいと頼んだら、
店の者が紐を投げてよこし、
手探りで紐を探す姿がおかしいと、
手をたたいて笑った。
少年はくやしさに耐えながら裸足で帰った。
少年の名は塙保己一という。

彼はやがて大学者となり、
千五百巻超える「群書類従 ぐんしょるいじゅう」を出版するに当たり、
彼はあの版木屋を版元に推薦した。
驚いて礼を言う店の主人に、
保己一は「私の今日あるは、
あの時の悔しさが動機なので、
私こそ御礼を述べたい」と、
見えない目に深い喜びをたえて語ったという。
(2013年4月20日東京新聞朝刊17面から)

もし、この話を歌舞伎狂言にするのなら、
保己一をやってほしい役者さんが六名ほどいるが、
二人を除いて泉下の住人になっている。
十三世仁左衛門丈にも演じてほしい。
“見えない目に深い喜びをたえて語った”
その表情は難しいと思う。
決して「ドヤ顔」ではないし…。

生きている役者さんは立女形の第一人者で、
昨年の紅白歌合戦が取り上げた俳優さん。
もう一人も女形の第一人者で、
徳島に縁のある役者さんとだけ書いておく。
そう書くと、少年時代の保己一は
言わずもがなかもしれない。

私は保己一少年の悔しさは理解できる。
しかし保己一をいじめた店の者の気持ちは全く判らない。
でも、どんな顔して笑っていたかは想像できる。
私も似たような経験もしているかもしれない。
また私の日記の読者の方の中には、
保己一をいじめた店の者の気持ちが判る人がいる気がする。
そんな事を思った。


そんな少年を癒す事は、私にできないと思います。
あなたは、できますか?
でも一緒に膝を交えて食べたい御弁当があります。
江戸大森四代目新蔵の御結びせっと (2)
おむすびセット525圓です。
江戸大森四代目新蔵の御結びせっと (3)
これだけの情報では作り手を探す事は困難でした。
江戸大森四代目新蔵の御結びせっと
でも美味しかったです。
奥の御結びはしゃけ、手前はゆかりです。
出汁巻きの下には飛龍頭です。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。